製造1課ではお彼岸に向けて蓮花真を製造しています。

蓮花真はみじんこに水飴と砂糖を混ぜて着色し、中に白餡を入れて型に押し乾燥させた干菓子です。


image1





まず木の型に緑色の砂糖を入れ周りの余計な粉をはらったら、ピンク色の砂糖入れ押します。
image2



image6






真ん中に穴をあけたらそこに白餡入れてまた上からピンク色の砂糖を入れて押し固めていきます。

image3








最後に木の棒でトントンと叩いてそっと型から抜きます。


image4



image5




重要なのが型に思いきり押すことです。
ここの作業をしっかりしないと型からはずす時に欠けてしまいます。


すべて手作業で根気がいりますが、一つ一つ丁寧に作っていきたいと思います。



製造部  清水