桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2016年12月

 今年も今日で最後です。
一年を振り返ると、あっという間に過ぎて行ったように感じます。
それだけ充実した一年を過ごせました。来年も仕事に私生活に、
一層努力して、より良い一年を過ごしたいと思っています。
 そして、大晦日といえば年越しそばです。
私は去年に引き続き、「水琴茶堂の石臼挽きそば」を注文しました。
香り豊かなそばの風味とつるつるしたのど越し、だしも旨味たっぷりで
毎年、楽しみにしています。

IMG_0002


家族にも美味しいと評判です。
 例年通り、除夜の鐘を聞きながら、こたつにみかんでまったりしつつ、
温かいそばに舌鼓を打とうと思います。

 
 
 製造部 土橋

本日から、高速道路中央道下り線の談合坂サービスエリアに黒蜜庵がオープンしました。
 
談合下り

 
今までは桔梗信玄餅や、信玄桃、を販売していましたが、
 
黒蜜庵になり、従来の桔梗信玄餅に加え、桔梗信玄生プリンや、黒蜜を使ったお菓子の販売を始めました
 
IMG_1235
 年末にオープンが間に合い、たくさんのお客様にお買い求めいただけると思うと嬉しいです。
 
 
 
営業部 宮下

私の所属している総務部の仕事の一つに、水琴茶堂一宮店の

入口の横にある花器に お花を生ける作業があります。

 

週に一回、Dolce vitaより季節に合わせたお花が届くので、

水を新しい物に変えてから生けています。

 

今週は、金明竹、椿、ドラセナ、グロリオサが届きました。

 

IMG_0016

 

中には自分の知らないお花が届くことがあり、気になった時に調べています。

今回も「グロリオサ」が気になったので調べてみると、今回届いた植物たちの中でも

一際目立っている赤いお花だと判明しました。

 

このグロリオサはユリ科の植物だそうで、以前届いた

ピンク色の「ソルボンヌ」とは同じユリでも全く違う印象を受けました。

19a
 

幼い頃は色とりどりの花々に囲まれたお花屋さんに憧れていましたが

実際にやってみると難しいもので、自分の思うようにいかないこともしばしば。

 

ですが、水琴茶堂に来店されるお客様の目に留まった際に、

少しでも気分よく入店して頂けれるように、今後も自分なりに

綺麗に生けることを心掛けていきたいです。

 

Mizuki

 私の部署の仕事は浄化槽の管理です。
当社は毎日40t以上の水を工場で使用しています。
この水を浄化槽できれいな水にして放流します。
放流する場合、県から定められた基準値があり、
当社は一度も基準値を超えた事がありません。


浄化槽の水


 まず、工場から出た水の水量を調整し、
曝気槽(曝気とは水に酸素を供給する浄水処理の方法の一つ)で
バクテリアを処理し、品質管理室でこの水のpH測定をしてもらい、
問題がないことを確認した後、きれいになった水を放流しています。

 これからも、安全、安心を心掛けて日々の管理を徹底していきます。


 村田

私は2月に出産をひかえています。

RIMG0522


お腹も順調に大きくなり、新しい制服を着て接客していると、

「頑張ってください。」

「妊婦さんなんですね。」

「無理しないようにしてください。」

と温かい声をかけていただきます。

その度に私も嬉しい気持ちになります。

1月中旬から産休に入ります。

残り少ない期間ですが、お腹の赤ちゃんと一緒に最後まで笑顔で接客したいと思います。

 

穂坂

このページのトップヘ