桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2016年01月

先日1月29日より、美術館通り店がリニューアルオープンしました。店内が改装され、新しく「できたて工房」が新設されました。

 

image

 

こちらでは、作り立ての「いちご大福」、「杵つき塩豆大福」、

焼き立ての「黒ゴマ団子」、「みたらし団子」、

揚げたての「桔梗信玄餅揚げパン」、「桔梗信玄餅万寿」がご購入いただけます。

image

 

私の一押しは、桔梗信玄餅揚げパン。

 

揚げパンの中に、きなこクリーム、黒蜜、柔らかいお餅を入れ、さらにきなこをまぶします。

出来立てはもちろん、冷めてもお餅は柔らかく美味しく食べることができます。 私の作った桔梗信玄餅揚げパン、早速家族に食べてもらおうと思います。

 

image

 

 

直営店 みさき

私ごとではありますが、私には好きな言葉があります。 

作家の俵万智さんの「寒いねと話しかけると、
寒いねと答えてくれる人のいる温かさ」という言葉です。

人は誰かの支えがあってこそ成り立つものです。

落ち込んだ時、めげそうになった時に心配してくれる
身近の人の温かさを当たり前のことだと思わずに過ご
すことが大切だと思います。

仕事に関しても自分だけの力だと思わずにいつも支え
られている家族、友人に日々感謝してこれからも仕事を
頑張って行きたいです。


製造部 上條


 

先日、私は休みを利用して東京に住んでいる姉の
所に、お土産の桔梗信玄餅と甥っ子に渡すお年玉
を持って遊びに行って来ました。

姉には桔梗信玄餅を渡し、甥っ子には遅いお年玉
を渡したらそれぞれ凄く喜んでくれました。

特に甥っ子にお年玉を渡した時は、私も小さい時に
お年玉をもらって喜んでいた事を思い出しました。

また同時に私も知らないうちにお年玉を貰う側から
渡す側に回ったのだなと感じてしまいました。

そして甥っ子とは、帰りの電車ぎりぎりまで遊び
とても楽しい時間を過ごして山梨に帰ってきました。

春に入学祝いを持って遊びに行く時まで頑張って
仕事をして行きたいです。


製造部 星野

昨日から黒蜜庵セレオ甲府で“いちご大福”の先行販売が始まり、たくさんのお客様にご好評いただいております。

セレオ甲府館内でお買い物中のお客様は、いちご大福の前で立ち止まり、そしてお手にとって
「いちご大福ひとつください。」
「これ4つください。」
と、ひとつおやつに買って行かれるお客様や、家族分も買っていくお客様と、売れ行きは好調です。
image


このいちご大福は、やわらかい大福に切り込みを入れ、自社農園から届いたばかりの苺を中に入れます。
館内キッチンでの販売員の手作りなので、いつでも作りたてを販売しております。
そんな私たちが作った商品を目の前で買っていただけると、本当に作った甲斐があります。

ひとつひとつ、心をこめて作ったいちご大福で、たくさんのお客様に笑顔になってもらえたらいいなぁ。


直営店 みさき

年が明け、先日は雪が降り朝もマイナスの気温と
なるなど寒さを実感しているこの頃です。

そんな1月は1年で最も寒い大寒(だいかん)と言わ
れる季節ですね。

さて、そんな寒い日が続いていますがこの間、直営
店でこちらを見つけました。
中沢ブログ写真
季節のお菓子、草餅です。

お店に立ち寄った時に春を感じさせてくれるお菓子
だったので家族へのお土産にと買って帰りました。

家族でご飯を食べた後に出したら、よもぎの香りが
して美味しいとみんな喜んで食べてくれました。

まだまだ寒い日が続きますが、暖かくなって来たら
もう一度家族で草餅を食べたいと思います。


製造部 中沢

このページのトップヘ