桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2014年04月


行く春が惜しまれる今日このごろです。

ついこの間までは一面ピンクの桃源郷も今や新緑の葉が出始め、
農家のみなさまは忙しく摘花作業中です。
(果実の発育を助けるために余分な花を摘み取ること)

私の祖母、祖父も農家をやっておりますので実際にこの
仕事を手伝ったことがあります。

なにしろずっと上を見上げる体勢なので首が痛くなります。

祖父に「首は痛くならないの?」と聞いたところ
「おいしい桃が出来ると考えたら痛くても頑張れるさよ。」と一言。

心を込めて桃を育てるその姿勢に尊敬を抱くと同時に農家の
沢山の思いがつまった仕事の素晴らしさを学びました。

おいしい桃がとても楽しみです。



製造1課 村田




ただいま、山梨県立美術館では「動く芸術」、キネティック・アート展を開催中。

目の錯覚を利用した作品等
、動きを感じることのできる不思議な芸術が味わえ、一味違った芸術が楽しめそうです。

この特別展に合わせてレストランでは「フジザクラ・ポークロース肉のピカタ」が仲間入りしました。

549d646b.jpg


卵と小麦粉でコーティングされたお肉はとても柔らかく、その上にのせられたトマトのソースは酸味があってさっぱりしてて幅広い方に好まれそうな味。

鮮やかな色合いで目でも楽しめそうです。


アートアーカイブス 野村

さあ、やってきましたねゴールデンウィーク。

桔梗屋本社工場は今日も沢山のお客様でにぎわっております。

私たちが上を見上げると「わーすごい!」と満弁な笑顔で工場見学をされるお客様
がたくさん見えます。

私自信もゴールデンウィークの期間は工場見学の案内をさせて頂く予定ですので
(お客様を満足させるために。)をモットーに一生懸命ご案内します。

そして、ゴールデンウィークが明けたあとの一つの楽しみ。
22c71868.jpg



こちら、行ってきたいと思います。

リニューアルオープンしたハイジの村です。

大好きな温泉施設でリフレッシュする楽しみを控えていればさらにモチベーションが
あがりますね。

製造部 清水


桔梗屋に入社してから、
あっと言う間に1ヶ月が経ちました。
新入社員の長田美里季と申します。
よろしくお願いいたします。


先日 友人から
「ゴールデンウィーク、
福島の実家に帰るんだけど
お土産何がいいかな?」との連絡が。

その友人は、いつも桔梗屋のお菓子を
お土産にもっていくとのこと。
毎回 違うものを持っていくから、
どの商品を薦めても知っていて、
ほとんどの商品を食べたことがあります。

そこで今回薦めたのは
新商品“黒蜜バウム”。

0732cc74.jpg


この商品、その名の通り
黒蜜を使ったバームクーヘン。
先日発売したばかりで友人もまだ知らないため
味見してもらうため差し入れすると、
「これにする!」とすぐに返事が。
私も早速食べてみました。
口にすると黒蜜の風味が口に広がり
ふんわりしっとりなバウムクーヘン。
いやぁ、これは美味しい。


雑談ですが、お土産の語源は
いくつかありますが、そのひとつは
人に差し上げるものをよく見て選ぶ
“見上げ(みあげ)”からきているそうです。


家族、友人、恩人……
感謝の気持ちを込めて
みなさまは何を選びますか?



黒蜜庵エクラン店 長田美里季

今回私が感想を述べようと思っているものは 「ひじきご飯」です。
今までひじきの煮物などは食べたことがありますが、ご飯にひじきが和えてあるものは初めて見ました。
正直、味の想像がイマイチつきませんでした が、食べてみるとどことなく甘くて美味しいんです。
ひじきの新たな一面を発見した瞬間でした。

マスダ

このページのトップヘ