桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2013年05月

私は5月21日に人事異動で総務部へ異動しました。桔梗屋の窓口でもある総務部の仕事は様々ありますが、その一つに桔梗屋へ来社されたお客様や電話での問い合わせの応対があります。

電話での問い合わせには、気候もよく、観光シーズンということもあり、桔梗信玄餅詰め放題の開始時刻や工場見学の方法や時間など、また、先月テレビで紹介されたプレミアム桔梗信玄餅吟造りの購入方法などが多いのですが、先日、桔梗信玄餅を購入された年配の男性と思われるお客様から「おいしかったから一言、お礼が言いたい」という電話をいただきました。

私は嬉しくなり、思わず、「ありがとうございます」と言うと、お客様から「また購入するね」と言われ、すぐ切れてしまったのですが、その時改めて、お客様と直接、お話をさせていただく機会が増え、気持ちや考えを聞くことが出来る反面、桔梗屋の窓口として責任を感じる瞬間でもありました。

その気持ちを忘れず、今後も「お客様に分かりやすく」をモットーに応対できるよう取り組んで行きたいと考えています。


鈴木


先日、お客さまがブランド弁当の
カルビ弁当を10個レジに持ってきて
「お土産であげるんだよ」と
私に話してくださいました。

前もお土産で買ったことがあるそうで、
「その時、とても好評で、だからまた来たんだよ」
という話のあとに
「お土産であげた友人で、
美味しくて鼻血が出たと言ってきた人がいるんだよ」
と教えてくれました。

それを聞いてびっくりしている私に
「本当なんだよ」と
笑顔で話してくれました。

お土産で買ってくれる人や
お弁当を食べて美味しかったと
言ってくれる人がいることは
とても幸せなことです。


前のブログで阪野さんも
お客様との会話が書いてありましたが
お客様から色んな話が聞けることが
接客の楽しいところだと思います。

柿嶋

私は商品の品質管理を担当しています。
品質管理というと、まず思い浮かぶのが、検査だと思います。
毎日、工場で作られているお菓子の細菌検査。
食の安心安全を守るための大切な仕事ですが、
大切なのは検査だけではありません。
食の安心安全を守るために、
他にも様々な仕事をしています。
その一つが品質表示の作成です。

お菓子に使われている原材料を細かく調べ上げて、
定められた法律に従って、品質表示を作り、
正確な商品情報をお客様にお届けする重要な仕事です。

この品質表示はお客様に商品を選んでいただく時に、
大切な情報源になります。
それだけに毎回、間違いがないよう、緊張感を持って慎重に作っています。
桔梗屋のお菓子をお客様に安心して、美味しく食べていただく。
そのための品質表示。
これからもお客様の安心を守るために、誇りを持って頑張ります。

製造部 土橋

 間もなく6月に入ろうとしています。

 6月に入ってすぐ6月2日に南アルプス市のハッピ―パークにて、さくらんぼ祭りが
開催されます。

 南アルプス市が地元の私は、時間があれば参加しています。
上位入賞者には豪華賞品が出る、さくらんぼの「種」飛ばし大会や、20店以上の模擬店、フリーマーケットなど、とても楽しめるお祭りです。

 県外から来るお客さんも多いので、お土産を買っていくお客さんも多く、中でも桔梗信玄餅は大人気とお店の方から言われます。

 今年も多くのお客さんに買って頂ける様、売り場を盛り上げていきたいです。


 ルート営業部  沢登


桔梗屋の工場見学にお越し頂いたお客様は、ご覧になったと思いますが、

桔梗信玄餅の包装は流れているベルトの上に風呂敷と桔梗信玄餅をのせ

女性従業員がすべて手作業で1個を約5~6秒で包んでいます。


これは工場見学の時間内で見られるシーンですが、有名テレビ番組で紹介

されてから生産も更に忙しくなり、製造部の男性従業員も午後5時から

包装の応援に入ります。


ベルトの椅子には座らず、女性のように速くないですが、製造部の男子も

一つずつ心を込め丁寧に風呂敷で包んでいます。

いつの日かベルトのラインに男子の姿も見れるかもしれません。


 製造部 水村

このページのトップヘ