桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2011年12月

お正月~

ですね(●´ω`●)


ただ今製造5課でも、お正月にぴったりな商品を製造中ですよ~
こちらですっ↓↓

4d7f7f6e.jpg



桔梗信玄餅慶び15個入り

普段は紺色の化粧箱で販売されていますが、毎年お正月には桔梗信玄餅10個入りと15個入りに、この紅白バージョンが登場するんです

まさにお正月カラー


私は元旦の仕事が終わったら、この桔梗信玄餅慶び15個入りをおばあちゃんの家に持っていって、みんなで食べようと思っています



工場は365日見学することができますので、来年も元旦よりみなさまのお越しをお待ちしております
8c70b913.jpg




2012年、みなさまにとってHappyな年になりますように(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


よいお年を(*・ω・)ノ



 五味

こんにちは!

寒い日が続き、しんどいですねぇ~(>_<)

今年もあと2日!あっと言う間の2011年でした。
でも、まだまだ大忙し!

桔梗屋一宮本社では、新春初売りや迎春イベントなど
年明けに楽しいイベント盛りだくさん。

準備は順調に進んでいます。

ところで桔梗屋には、神社がある事知ってましたか?
餅もちの社

来年の初詣は桔梗屋敷地内にある「餅もちの社」に
参拝すると良い年になるかも!
私も「餅もちの社」に参拝して、桔梗信玄餅パワーを
いただき、良い年にしたいと思います。

一年の慶は桔梗屋にあり!!

直営店  加藤

今年もあとわずかです
店内の掃除に家の掃除に大忙しの毎日です
8d3dae0c.jpg


この『エコたわし』テーブルにシンクに窓ガラスにどこでも使える万能たわしです
会社で自宅で掃除の強い味方として活躍しています
今日も自宅に帰ったら掃除をしなければ・・・終わらない

体力をつけなければ

ということで、この冬も年末年始も食べて食べて食べまくります
今日のお昼は水琴茶堂で食事しました
海の親子ちらしにけんちん汁、サラダ
『食欲の冬』ということでまだまだ食します
天ざるそば、そしてしめに桔梗信玄あんみつ
美味すぎる
来年もこの食欲はなくなりません
太ってもかまいません
美味いものを食べることが昔からの私の夢だったからです

大晦日も火燵に入りながら食します
a721f8b0.jpg


桔梗屋本社内を歩き回り買い集めたお宝です

年明けにはすべて私のお腹の中へ

皆様も今年から来年にかけ、共に食べまくりましょう

美味しいものを食べた喜びこそ最大の活力になるのです

                                                             塚原




こんにちは♪

今年も残りあと3日!!

早く大掃除をしなくてわ!
と今頃思ってる丸山です\(^^)/笑

そして、グルメマルシェには
またまた新しい仲間の
「大根のしそ漬け」
が加わりました(^o^)/

シャキシャキとした歯ごたえに、優しい甘さの中にもしっかりとしたしその風味が効いていて、とにかく美味!!

漬け物の種類は結構豊富なのですが、わたし的にはベスト3に入る美味しさ\(^o^)/

ぜひ皆さんにもこの美味しさを味わってみてほしい!!
てな勢いでのご紹介ですが…★笑

このわたしの下手な感想では伝わらなかった皆さま!

試食も出しているので、グルメマルシェにお越しの際はぜひ一度この美味しさ確かめてみてください(^^)/

そして、鮭の塩麹焼き.筍の塩麹漬けなどで使用されている塩麹がビン詰めになって登場しましたぁ♪
塩麹

お肉を漬け込んで焼いてみたり、和洋中さまざまな料理で活躍すること間違いなしの魔法の万能調味料です(^^)v

お客様のご要望も多かったものなのでわたし達も嬉しい商品の登場です♪

まだまだ研究不足なので何かいいレシピができたら載せたいと思います(^o^)/

それでは皆さんよいお年を~\(^-^)/

グルメマルシェ 丸山

春の訪れとともにオープンしたフォレストモール富士河口湖店も9ヶ月がたち、
氷点下の朝を迎える季節となりました

周りの景色も紅や黄色の色味がなくなり、冬本番を
迎えようとしています



今日はX'masですね~
ポモドーロで予約しておいたクリスマスケーキが
我が家にやってきました

b3add684.jpg














今日はケーキを囲んで家族でクリスマスパーティーをします
生ケーキとチョコレートケーキどちらを食べようかな?
やっぱり両方食べちゃお

今の時期は食べ過ぎてしまいますよね


今年もあと少しでですね
ちょっと早いですが、皆様よいお年をお迎えください

渡辺




このページのトップヘ