桔梗信玄餅工場テーマパークブログ

桔梗信玄餅工場テーマパークと桔梗屋東治郎、黒蜜庵など桔梗屋直営店舗で働くスタッフのブログです。

2011年06月

先日、工場内での焼きたて販売を、販売員としては初めて体験してきました。
焼きたて販売を行っている焼きもの工程が見られる通路には蜂蜜のような甘い香りがただよっています。
入ってきたお客様も「いい匂いがする~!」とおっしゃっていましたよ♪
この日の焼きたて販売は風林火山。
焼きたて風林火山♪

風林火山の製造工程を眺めながら焼きたて熱々の風林火山をパクリ。
「本当に熱々ですねぇ!おいしい!」とにっこり笑顔をいただきました。
なかには「おいしかったので戻ってきちゃいました」というお客様も何人か
う、うれしい・゚・(ノД`;)・゚・
心臓をぎゅーっとつかまれるような、この嬉しさ!!!
お客様の笑顔に、しあわせな気持ちになれた一日でした♥♥

黒蜜庵の武田です(^ω^)


先日から猛暑続きですが
みなさん体調崩したりしてませんか?


水分補給はしっかり!!と
私もいつもより多めに
水分をとるように心がけてます




さて、以前お知らせした
【黒蜜かすてら】が
新しいパッケージになって
今日から販売開始しました☆


ちょっと食べたいっていうときは
棹で買うと一度に食べきれず
余ってしまいますよね


そんなときに
もってこいなのがコレ!!

34f587f2.jpg


ふっくらとした
【黒蜜かすてら】は
食べごたえ十分☆


甘すぎないので
冷たい緑茶との相性も抜群です



どらやきやフィナンシェと
一緒に詰め合わせにも出来ます


私も今度祖母の家に行くときは
詰め合わせて持っていこうかなぁ
と思ってます(^ω^)♪

夏本番、7月を目前に・・・!
今、グルメマルシェで熱い戦いの幕が切って落とされました・・・

その名も!
「漬物バトル斉藤さん家の漬物 VS 西川さん家の漬物!!!」

3dc9e1fb.jpg


きゅうりのきゅうちゃん漬けなのです

同じ料理でも家庭によって味が異なるものですが、お漬物も例にもれず!
地元のお母さんお二人が「我が家のが一番ヨ!!」と火花を燃やしたきゅうちゃん漬けが
グルメマルシェで戦いを繰り広げる!?(`・ω・´)
熱い戦いに、お母さんたちの似顔絵からも熱気が立ち込めているような

店頭ではさっそく火花が散っていました
999aa822.jpg


仁義なき食べ比べの戦いがすでに行われた様子('д` ;)
私も一口ずつパクッ

こちらが斉藤さん家のきゅうちゃん漬け
73c3f13c.jpg


緑色もさわやかに、ポリッとした食感☆
懐かしい味にごはんがすすむかも~

こちらは、西川さん家のきゅうちゃん漬け
06c05d9c.jpg


なんとタカノツメが見え隠れ!辛みの赤が食欲をそそります
ピリ辛でおつまみにもよさそう

どっちも美味しいのにっ
どちらかを選ばなきゃならないなんて
わ、私には無理っ・・・。゜(´Д`)゜。

・・・え? 二つとも買えばいーじゃん?
ですよねー
という訳で、私は二つとも買って帰ることに決定

本日の戦況は、天候の様子でやや西川さんに有利なようですが(`・ω・´)
勝負の行方や、いかに

みずき

山梨は果実大国です

桔梗屋本社のある一宮町は、とっても美味しい『桃』の産地です

グリーンアウトレットでは、早速『桃』が入荷されました

店内に入ると、桃のあま~い香りが…

我慢できずに、初物の桃食べました…美味しい

ちよひめという品種の桃でした
507f3982.jpg



山梨県民は硬い桃を好んで食べるという話題をテレビで見たことがあります

採れたての桃は硬くて、山梨県民は採れたての新鮮な桃を食べているから、桃は硬いまま食べるのが
習慣なのですかね

グリーンアウトレットは毎朝採れたての桃を、地元の農家の方が運んできてくれます

新鮮な桃に囲まれて幸せいっぱいです

みどり

こんにちわ(。・ω・)ノ゙

毎年、夏になると店頭まで泳いできちゃうのが、桔梗屋特製の若鮎


甲斐の若鮎


甲斐の若鮎です
夏季限定の和菓子です。
店頭に並ぶ甲斐の若鮎は、まるで川辺を連想させてしまうほど

見た目も涼しく、可愛らしいですよね( ´∀`)つ
中にたっぷり詰まっている求肥が、たまりません


私は、甲斐の若鮎を2つに割って、
溢れそうな求肥の部分から贅沢にいただくのが私流の食べ方です。

甘さも控えめなので、
暑い日にでもペロッと食べられちゃうおやつです(・◇・)ゞ

今日の私のおやつは、甲斐の若鮎で決まりです


     into

このページのトップヘ